トップページ › お問い合わせ

御礼

2019年3月13日

【米良大会会長より皆さまへ感謝の気持ちを込めて】

 

「日本商工会議所青年部 第38回全国大会 日本のひなた みやざき大会」へのご参加、ご登録誠にありがとうございました。

全国のYEGメンバーの皆さまのお陰をもちまして、最終的に6,746名のご登録を頂きました。過去最高のご登録を頂いております。心より厚く御礼申し上げます。

 

足掛け8年をかけて、思い描いて参りました全国大会が過去のものになった実感はまだありませんが、皆さまにお支えいただき無事に全日程を終了させて頂きました。

大禍なく終えられたのもご参加頂いた全メンバーの皆さま、日本YEG出向者の皆さま、陰にひなたにお支え頂いた日本商工会議所並びに宮崎県商工会議所連合会の皆さま、事務局の皆さま、切磋琢磨して頂いた佐世保YEG・熊本YEGの皆さま、宮崎へ襷を繋げて頂いた岐阜県連の皆さま、そして何より手前味噌でありますが、大会運営に駆け抜けてくれた宮崎県連全ての皆さまのお陰でございます。重ねて御礼申し上げます。

 

『未来を襷に込めて』

『我ら礎。明日を想い、今を刻もう。ともにひなたから。』

『全国大会開催の目的と意義』

『交流と研鑽を通して、地域経済社会の将来に亘る成長発展に寄与する』

『今のための今まで 今からのための今』

『人が多く集う場所には特別な時間が流れる』

『1人で過ごす100分より、100人で過ごす1分』

『何気ない日常にYEGの時間を少しでも多くして頂きたい』

『交流と研鑽の先にあるのは、想いを深めあえる繋がりを作ること』

『託された今が私達の両手には溢れています』

『その託された今を、今からを生きる子ども達へ、洗練して、昇華させて手渡していく』

 

全国各地でキャラバンさせて頂いた中でお話しさせて頂いた内容です。

お一人でも多くの方に全国大会にお集まり頂き、何か地元で花開かせるものを持って帰って頂ければと願っておりました。

また、私たちYEGが持つ34,000という数の力を、内外の皆様へお示しし、少しでも全ての単会でYEG活動を行いやすく出来ればと願っておりました。

本全国大会日本のひなたみやざきで全国の皆さまがお示し頂いた力は、さらなる団結と連帯の証になると確信させていただきました。

感謝と感激の念を禁じ得ないものであります。

この団結と連帯の証が未来永劫続くことを願うばかりであります。

 

次年度は沼津YEGを主催地とし、静岡県連の皆さまが主管されます。

私どもの役目はしっかり静岡県連の皆さまへお繋ぎさせて頂くところまで続きます。

全力でその役目を果たさせて頂くとともに、全力でサポートさせて頂きます。

 

大会運営に際し、不手際でご不便をおかけしたかと存じます。

この場をお借りしてお詫び致します。どうかご友情に免じご容赦賜れば幸甚に存じます。

 

結びに、改めてご登録頂き、遠路宮崎の地までお越し頂き、誠にありがとうございました。

 

これからも今からの為に、ともに今を刻んで参りましょう。

 

日本商工会議所青年部 第38回全国大会 日本のひなた みやざき大会

大会会長 米良 充朝             

協賛